酒井若菜の現在は?休業理由は結婚?膠原病?画像は?

酒井若菜の現在は?

WS001906

最近姿をテレビで見かけなくなったと思ったら病気だったようですね。

酒井若菜(35)が膠原(こうげん)病と闘っていることが18日、分かった。25日発売の対談・エッセー本「酒井若菜と8人の男たち」(キノブックス)の中で明かしている。昨年初めに発症し、同2月に診断されたという。

膠原病だったんですね。

膠原病ってあまり普段聞かない病気ですけど、どんな症状なのでしょうか。

膠原病(こうげんびょう)とは、全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が見られる病気の総称で、原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みなどの症状が共通してみられます。女性に多く見られる病気で、比較的若い女性の不明熱(原因不明の発熱)として発見されることが多いです。SLEやリウマチなど数種類の病気が含まれています。

リウマチって膠原病の一つだったんですね。

酒井若菜さんはリウマチの症状だったのでしょうか。

膠原病の具体的な症状としては

原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みなどの症状が見られた場合、まずは膠原病に特徴的な徴候があるかどうか全身の診察を行います。 脱毛、口内炎などもある種の膠原病には特徴的な所見です。共通して見られる徴候としては、冷たい水につけたときや冬の寒い朝に手足の先が白く変化し、しびれなどの症状が見られる徴候があります。これをレイノー現象と呼び、手足先などの循環障害が原因と考えられています。

また眼や口の中の渇き(乾燥症状)や握力の低下、手指のしびれ、爪の変形なども膠原病の重要な徴候であることもあります。関節の痛みや腫れについては、どの場所の関節が腫れているかによって、リウマチかそうでないかなど診断が異なってきます。湿疹については、ほとんどの膠原病で見られ、それぞれの膠原病に特徴的な名前のついた湿疹がありますので、専門医の診察が必ず必要です。

湿疹とか関節の痛みとかあるんですね。

痒みもつらいですが、痛いのも本当につらいですよね。

WS001910

現在は?

ユースケとの対談では、「ペットボトルも開けられねえとか言ってるしさ」と症状について聞かれ、「だいぶ良くなった。指が真っすぐになったんですよ。やっと、ま、ちょっと外向いちゃってるけど」と答えており、日常生活で苦労した状況から改善したことを明かしている。病気で落ち込み、ユースケとの食事会をドタキャンしたこともあるという。

さらに水道橋との対談では、病名を公にすることについて「病気の告白については考えますね。命の大切さを伝えるため、同じ病気の人を励ますためって」と決断した理由を明かしている。

日常生活がしずらくなってしまうと、友人と食事に行くとか、そんな気はしなくなってしまいますよね。

 一方で、以前見た膠原病を題材にしたドラマについても触れ、「それは、主人公が膠原病で死んじゃうかもしれないという前提で。そういうのを見た時に、励まされないですよね」と複雑な思いも吐露している。

実際、どの病気もそうですが、闘病している人にとっては同じ病気で闘っている闘病ドラマを見ても共感はできませんよね。

なんせ、「ドラマ」ですから。

作る側はお涙頂戴っていう設定で作るようですけれど、本人や家族はそんなドラマ見てもツッコミ所満載で見ててもつまらないですよね。

どういうドラマ見て泣いている人って、絶対自分には起こらないだろうって思っている人じゃないとドラマで泣けないような気がします。

酒井若菜さんはすでに充分頑張っているでしょうから、他人事のように、頑張ってって言いづらいですね。

WS001909