佐々木蔵之介の自宅実家は酒屋?場所は?深田結婚とは?すっぴん女優


佐々木蔵之介の自宅実家は酒屋?

佐々木蔵之介さんの実家は酒屋さんですね。

酒屋でなく酒蔵か。お酒の製造元。

京都市上京区に「佐々木酒造」という酒屋があります。創業は明治26年。「聚楽第」などのお酒で有名ですが、京都でよく知られているのは俳優・佐々木蔵之介さんのご実家であること。

こんな物も販売しているようです。

正直、飲んでみたい!京都行ったら買って来ようかな。

京都市産業技術研究所を中心に、京都大学、京都府立大学、京都府農林水産センター他多数の方々との共同研究により開発された、米と米麹が原料の「醸造飲料」。
米由来の旨みと甘み、梅エキスの酸味が程良く調和し、ほのかに甘くすっきり爽やかな飲み口です。
小さいお子様からお年寄りまで幅広い年代の方にお召し上がりいただけます。

と思ったら、ネットでも購入できるみたでした。早速注文しよっと!

場所は?

二条城のそばみたいですね。地下鉄でも行けそうです。

日本酒も製造販売しているようなので、酒好きにはいいかもしれませんね。

京都のお酒って明治維新の前は貴重だったんですよね。

灘の酒、伏見の酒と言えば関東では貴重だったと聞いたことがあります。

伏見の酒、灘の酒についてちょと調べてみました。

明暦3年(1657)には伏見の酒造家は83軒を数え、製造 石数は1万5610石にも達しました。
ちなみにこの頃は、池田、伊丹の酒の全盛期でもあり、寛永元年(1624)に始まったとされる灘の酒造りは誕生したばかりといっていい時期でした。

 ところが、江戸時代中期以降、京の町の酒は、伊丹領主だった有力公家・近衛家が同家が庇護する伊丹の酒で独占されていまい、伏見酒の京の市中への進出が禁じられて しまうこともありました。
関西で醸造され、江戸に運ばれた酒のことを「下り酒」といいますが、伏見の酒は、地の利の悪さが災いし、江戸への出荷もままならなかったところへ、江戸積廻船を利用した灘酒の急激な台頭を許してしまいます。
そして、天保4年(1833)には伏見の酒屋は27軒(7197石)にまで激減してしまったのです。

伏見も灘も同じ関西なので、ひとくくりで見ていたのですが、実は違うのですね。

京都は水がいいので酒造が発展していったのですね。

深田結婚とは?

これは、どうも映画に起因しているようですね。

かなり噂に近く信憑性は?ですね。

『続編があるなら何役が良いか』と言う質問に
佐々木蔵之介さんは満面の笑顔で次の様に
発言されていました。

深田さんとの夫婦のポジションを外すのは痛いので、殿のまま戻ってきます

超高速!参勤交代 リターンズ

この映画が噂の元みたい。

すっぴん女優

舞台で共演した女優の中ですっぴんが酷い事になっている女優の話をTV番組で話して話題になっています。

とはいえ、肝心な女優の名前はわかりません。

舞台で共演している女優となると限られてきますよね。

深津絵里、寺島しのぶ、斉藤由貴、高橋惠子、市川実日子、中嶋朋子、浅野ゆう子くらいかな?

すっぴん比較深津さんの場合

こちらがメイクしている時の深津さん。

こちらが、多分すっぴんに近い深津さん。

うーん。まぁそれほど酷くもないですよね。

普通にお綺麗な方でした。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



コメントを残す